家を競売にさせない方法|不動産売買で大人の夢を買おう|我が城の選び方

不動産売買で大人の夢を買おう|我が城の選び方

家を競売にさせない方法

間取り

高く売れれば残債はゼロ

住宅ローンを40代になってから組んだ場合、定年退職してからもローンの支払いが続きます。30年の住宅ローンを組んだ場合、70歳過ぎまで支払うことになります。ほとんどの人が年金生活になって収入が減るので、ローンの支払いに困るケースが増えているのです。そのような場合は住宅ローンを滞納する前に任意売却の手続きをします。任意売却というのは自分で住宅を売りに出すことです。東京は地価が上がっているので高く売れる可能性があります。高く売れればローンの残債をゼロにすることができますし、余剰金が出れば新しく生活をやり直すことができます。ただし勝手に任意売却はできないので、弁護士や司法書士に依頼すると銀行などと交渉してくれて売却することができます。

手数料の安い業者を選ぶ

もし任意売却しないで住宅ローンを滞納すると差し押さえになります。差し押さえになると裁判所が強制的に競売に出します。競売に出た物件は早く売るために相場より3割程度安くなります。いくら東京の地価が高いといっても、3割も安く売られてしまうとローンの残債をゼロにすることはできない可能性があります。このような事態を避けるためには早めに任意売却をするべきです。東京にはたくさんの弁護士事務所や司法書士事務所があります。また任意売却専門の不動産会社も東京にはあります。このような不動産会社の場合、弁護士や司法書士よりも手数料が安い所があります。ネットでこのような不動産会社を探して、弁護士や司法書士とどのくらい手数料が違うか調べてから依頼した方がお得です。

このエントリーをはてなブックマークに追加